スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

BBMカード20周年記念カード 1BOX開封

BBM Baseball Cards 20th Anniversary

昼休憩がてら上野の二木で1BOXのみ購入
直筆は1カートンで数枚とかの話もあるみたいなので
期待せず開封


しばらくするとインサートのシリアルが出ました
129/200 江藤智 ■90年代の名選手たち■
鈴木尚典 江藤智

左は通常のインサートカードの鈴木尚典
違いは全体に金色掛かっているところと文字がシルバーなくらい


そして、残りも少なくなったところに金色の証明書が!
直筆証明

あまり期待してなかっただけにうれしい
それも001/100です
表を見るのはあとに取っておいて他のカードを開封…


そしてふと、引いたカードを整理していて気づいたことが

それがこれ

北川博敏 ■好記録&ハイライト■
北川博敏 誤植?

何かがおかしいですね


表面と裏面の日付が違ってる…
表面(左)の日付が2001年9月26日
裏面(右)の日付が1994年5月18日

裏面はどうやら槙原の完全試合の日付のようです
槙原の方は間違えてないのでしょうか?(笑)


最後のパックを空け終わったのでいざ先ほどの直筆の確認

進藤達哉

進藤さんでした
横浜ファンとしてはシリアルが背番号と一緒なのはうれしい

今年、オリックスへ移籍当時の進藤がいたらセカンドだろうとショートだろうと
好きなほう守れたんだろうなぁ、と(笑)

現在は横浜のスカウトを辞め、出身地の富山で
独立リーグ(BCL)の富山サンダーバーズでコーチをやってるみたいです
良い選手を育てて横浜に送り込んで欲しいものです




にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。
スポンサーサイト

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

'10年 お試し昇格第二弾 眞下貴之 北篤(プロ初安打)

2010.09.26 横浜ベイスターズ 3-2 読売ジャイアンツ

読売 0 0 0 1 0 1 0 0 0 - 2 5 0
横浜 0 1 1 0 0 0 0 1 X - 3 9 0

勝:寺原 4勝3敗0S
負:越智 4勝4敗5S
H:朝井(巨) 牛田(横)
S:山口 2勝8敗28S

読:グライシンガー(3回)-高木(2回)-朝井(1回)-越智(1回2/3)-山口(1/3)
横:眞下(6回0/3)-牛田(1回)-寺原(1回)-山口(1回)
HR:ハーパー19号ソロ(横) ラミレス45号ソロ(巨) ラミレス46号ソロ(巨)
観衆:19,913人

プロ初登板、初先発の高卒ルーキー眞下がジャイアンツ打線に6回0/3、2失点の好投
そしてイースタンリーグで今年一番の打撃成績を残した北くんはプロ2打席目にして初安打!

二人とも9/25にそろって一軍昇格
その日はシーレックス最終戦をジャイアンツ球場へ見に行っていたため、
残念ながら当日北選手のプロ初打席は見ることは出来ませんでした


眞下投手の2軍公式戦初登板は、5/9の横須賀スタジアムで行われた千葉ロッテ戦
(その日は現ロッテの吉見投手のお別れ登板…)
2回を被安打0 奪三振3 与四球1 無失点と見事な投球

10.05.09 2軍公式戦初登板 vs岡田幸文


先頭の岡田選手からインコースのカーブで見逃し三振を奪っています
1軍で多くのベイファンの目に触れることとなったこのカーブ、
2軍の初登板当初からかなり有効で、以降もたびたび打者が見逃す場面を見かけました


とはいえ、さすがに一軍相手に見逃し三振をバシバシ獲ることは
難しいんじゃないかなぁと思っていたのですが、
初登板のこの日、小笠原選手から見逃しを含む2三振、阿部選手からも空振り三振を奪取
一軍でも左打者へのカーブが有効なことを自ら証明しましたね

特に初回の対小笠原への投球は圧巻
あの小笠原選手が翻弄されていました

録画を見ると
 初球インローに133kの(抜けた?)真っ直ぐ
 2球目外角へ114kのカーブ
 3球目これまた外角へのカーブが121k
3球目は2球目より若干早めのカーブで目先を変えています
まだ制球が未熟なため、という可能性もありますが
この試合一貫して110k前後と120k前後で球速帯が10kほど分かれているので投げ分けている気がします

真っ直ぐは140kほど、カーブは大小で120k前後と110k前後
その他の持ち球は矢野とラミレスへ投げた沈みの小さいフォーク(130kくらい)と
130kちょっとのスライダー?でしょうか

7回は2四球と力尽きたか無死満塁のピンチを作ってしまい、無念の降板
そのピンチもセットアッパー牛田の神懸りな投球で無失点で切り抜けました
シーレであった眞下不敗神話がベイスターズで甦ったかのようでした


眞下投手は来期すぐにどうこう言うレベルの選手ではないですが、
将来性を感じさせる投球を見せてくれ、今後が非常にたのしみですね


一方の北選手
今期イースタンで殆どの打撃部門に上位で顔を出す好成績を残しました
打率.320(2位)打点67(3位)本塁打14(3位)2塁打25(1位)得点75(2位)
長打率.509(1位)出塁率.383(2位)OPS.892(1位)

世間的には筒香へ話題が集中していますが、多くのベイファンにとっては
この北選手も早く見たい選手の一人だったのではないでしょうか?

プロ2打席目 7回裏 2死1塁 代打で登場

近くでは、まるで外野席のような大きな声援で北くんを後押し
おかげかノーツーから積極果敢に打って出て、センターへの弾丸ライナーのプロ初ヒット!
この積極性は田代シーレックス魂ですね


北選手は構えに特徴がありますが、このフォームになったのはつい最近のようです
少し前に、気になって今年撮影した動画を調べてみましたが、
今期のイースタン開幕時点ではトップの位置にバットを構えるオーソドックスなフォームで、
5/19の対日ハム戦までは同じ
次に見に行った6/3には今のような体の前でバットを構えるフォームになっていました

今と違うフォームだったイースタン開幕戦


打率が3・4月 .225、5月 .291でしたが
6月 .354、7月 .361、8月.333、9月.393
とフォームを変えた影響か、序盤の不振を見事克服しています
公式サイトのシーレックスワールドにあるように、尚典コーチと打撃向上に取り組んだ結果なのでしょう


先日の田中投手に続き、今回のお試し組みも結果を出してくれてうれしいかぎり
今後は本命筒香の昇格もあるようなので、非常に楽しみです


スタジアム3Fレストラン・ビクトリーコートのテラスで行われたHero's StageⅡ



にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

10.09.25 読売2-1湘南 シーレックス最終戦

湘 南 0 0 0 1 0 0 0 0 0 - 1 8 0
読 売 1 0 0 0 0 1 0 0 X - 2 5 0

勝:笠原
負:杉原
S:ロメロ

湘:高崎(5回)-小山田(1/3)-杉原(2/3)-吉原(1/3)-小林太(2/3)-王溢正(1回)
巨:笠原(6回2/3)-林イー豪(1/3)-星野(1回)-ロメロ(1回)

湘南シーレックスとして、これが本当に最後の試合
同時に今期でチームを去る選手たちのお別れ試合でもあります

本拠地スカスタでも挨拶した佐伯、野口は試合出場
引退会見を行った木塚は登板なし

またこの日怪我と報道されていた筒香は試合出場せず
試合前ノックではボールボーイをやっており、細山田他
先輩選手たちからイジられていました

試合は読売先発笠原、湘南高崎でスタート

笠原将生
笠原将生

高崎健太郎
高崎健太郎

序盤湘南は笠原の140前後の真っ直ぐと2種類ほどの変化球に手を焼く
その後も6安打5四球で再三ランナーを貯めたものの好機に一本出ず1得点のみ
まぁ最終戦で早々と吉村、大西を下げ、王や杉本、坂本など野手は全員出場させたこともあるのでしょう
結果はあまりどうということもないかと

一方の読売、2得点は全て長野のタイムリー
初回高崎から右越えタイムリー2塁打、6回杉原から右中間タイムリー2塁打
この人の右方向はホント飛んでいきますねぇ
敵ながらよい選手だなぁ、と
そういえば同じ年の吉村はホントにどうしちゃったんだろう…


6回裏 長野久義 勝ち越しタイムリー



6回裏、実は小山田投手がはじめマウンドに上がったのですが、
先頭をサードゴロに打ち取ったところで降板
まるで顔見せ登板の様子で、スタンドからも「お疲れ~」などと声が掛かっていましたが、
そうなんでしたっけ?
小山田投手の処遇がいまいちはっきりしません

佐伯さんは7回に代打で登場
球場中の佐伯コールも合えなくセカンドゴロ
スタンドからは労いの拍手とこれからの進路への声援が入り混じっていました



そして最終回、湘南シーレックスとしての最後の攻撃
走者が2人出ると5番DHの佐伯さんまで回ります
もう一打席みたいところ

先頭打者の1番梶谷はショートゴロ、2番北川は空振り三振
あと一人で終わりのところで代打野口
湘南シーレックス最後の打者は野口となるのか?

9回表2死 代打 野口


結果は見事な左前打!
繋ぎました


ここからは球場中ネクストの佐伯さん期待
打者の下窪は恐らくプレッシャーだったんじゃ?
ネクストの佐伯さんも何やら尚典と笑顔で会話していました
恐らくこの雰囲気のことを話していたのかと

そしてロメロも何故かストライクが入らなくなり1ストライク3ボール

9回表 2死 1塁 打者 下窪陽介


フォアボールとなった下窪は安心したことでしょう(笑)
動きがホッとしている感じです


そして佐伯さん登場!
ここでヒットが出ると同点、ホームランが出ると逆転!

9回表 2死 1、2塁 打者 佐伯貴弘



まぁ結果はそうそううまくいくものではないですね
しかし湘南シーレックスの幕引きには一番の役者でなかったでしょうか?

これでシーレの全日程が終了
来年からは横浜ベイスターズファームチームとして再出発ですね

そして佐伯さんは最後にハマスタで見ることできるんですよね。。。?
最後の打席はたぶんビデオとか撮らないと思います。さすがに。





にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

10.09.19 湘南2-1日ハム ホーム最終戦

日ハム 1 0 0 0 0 0 0 0 0 - 1 5 0
湘 南 0 1 0 1 0 0 0 0 X - 2 5 0

勝:安斉
負:浅沼
S:藤江

日:カーライル(3回)‐浅沼(1回)‐木下(2回)‐運天(1回)‐多田野(1回)
湘:安斉(7回)‐小山田(0/3)‐篠原(1回)‐木塚(1/3)‐藤江(2/3)
HR:筒香ソロ(湘)
観衆:3,026人

湘南シーレックスのホーム最終戦
シーレックス最後の横須賀と田代2軍監督の退団
おまけに木塚、佐伯ファンが大挙詰め掛け
相乗効果でものすごい人出

チケット売り場の長い列
チケット売り場の長い列

スカスタ2
開門は5分前倒しになりの10:55
1塁側スタンドはすぐに埋まっています

予告どおり、外野も12:30に開放されました

試合前の円陣で佐伯さん
佐伯貴弘
笑顔でなにやら話しをしていました

木塚敦志
木塚敦志
シーレックスナビゲータとベイスターズオフィシャルレポータにかなり丁寧な挨拶
ハマスタでお別れ登板するんだよね?





湘南の先発は一年目の安斉
安斉雄虎
7回 被安打3 与四球3 失点1 奪三振4

客入りのせいで気合が入っているのか、序盤から飛ばしているように見えましたが7回投げ抜く
前日に桑原が10安打された打線を抑えたので好印象
抜いた変化球があるともっと良い?

シーレの守備で気になったのが北と稲田

1失点目はセンター前タイムリーでしたが捕れたあたりに見えました
取れてもランナー3塁なのでタイムリー内野安打だったでしょうが
それと高い飛球でバランスを崩した場面
守備面はまだ課題一杯といった印象

稲田は昨日と同じミスを犯しました
ランナー1塁の犠打でチャージするのはいいですが、サードを空けてしまいランナーに狙われる
今日はアウトにしてラッキーでしたが、ちょっと頂けない光景ですね


勝ち越しは筒香のソロホームラン

浅沼の初球、ゆるい変化球を一瞥した筒香
同じ球が来たらこれはいくかも…、と思っていたところでの一撃


北川のところで代打佐伯さん

佐伯ファンの歓声がすごかった


木塚登板




田代2軍監督の胴上げ




挨拶しに現れた佐伯、木塚、野口の3名



残すは来週25日のジャイアンツ球場での最終戦
他チームの結果しだいでは優勝の可能性がありますが
あまり期待しないで待ちますか

シーレックス集合写真




にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

10.09.15 読売4-8湘南 ジャイアンツ球場

湘 南 0 0 0 4 4 0 0 0 0 - 8 10 1
読 売 0 0 0 2 0 2 0 0 0 - 4. 9 1

勝:眞下
負:深田
湘:眞下(6回)-小林太(1回)-高宮(2/3)-藤江(1回1/3)
読:深田(3回2/3)-林イー豪(2/3)-古川(0/3)-野間口(1回2/3)-中里(1回)-小林(1回)-藤田(1回)
HR:吉村3ラン(湘) 内藤3ラン(湘) 加治前2ラン(巨)


イースタン首位の読売と最後の直接対決2戦目
初戦は湘南が逆転で辛勝
逆転優勝のために勝ちたい試合
この試合は日テレG+で放映があったので、観戦出来たベイファンの方も結構いたのではないでしょうか


よみうりランドにあるジャイアンツ球場
ジャイアンツ球場
観衆は677人
客層は目に付いたところでは女性客とスーツ姿のサラリーマンが多め

家から一番近い球場なんですが、これまであまり見に行くこともなく
10年ぶりくらいです
京王よみうりランド駅から長い坂を上っていくのでなかなか敷居が高い
ビールを飲まないでいられる精神力があるなら手軽に原付で行く距離なんだけどなぁ

先発は湘南 眞下、読売 深田で開始

眞下貴之
眞下貴之

深田拓也
深田


先制したのは湘南
4回表無視1,2塁から吉村のバックスクリーンへのホームラン

バックスクリーンにボールが当たった瞬間にかなりの大きな金属音が聞こえました
金属製なんですかね?


5回には内藤の3ランホームランで突き放す
内藤雄太
内藤雄太
内藤雄太
内藤雄太
笑顔の内藤
来年は一年間ハマスタでがんばって


先発の新人眞下はこれで6勝目(1敗)
投球回6、被安打9、奪三振2、与四球1
真っ直ぐは140そこそこでしたが、大きなカーブがこの日も有効でした
四球が少なくいつもどおり制球できていた様子ですが被安打も多いですね
このままでは一軍で通用するのは厳しいでしょうが、
今期中のお試し昇格を期待しています


これでイースタンが混戦になってきました
チーム 勝 敗 分 率 差 残
読 売 55 44 0 .556   .7
ロッテ. 55 45 3 .550 0.5 5
湘 南 55 45 5 .550 0.5 3
楽 天 55 45 2 .550 0.5 6

残り試合が一番少ない湘南は厳しい状況ですが
有終の美を飾って欲しいものです




にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

10.09.14 中日4-8広島 ウエスタンリーグ

広島東洋 0 1 1 0 0 0 0 6 0 - 8 14 0
中   日 0 0 0 0 1 1 2 0 0 - 4 10 1
勝:梅津 ( 1勝0敗 )
敗:三瀬 ( 3勝2敗 )
HR:迎6号(3回佐藤)、松井佑4号(5回今村)、中田亮5号(6回今村)

初ナゴドに続き、初ナゴ球
昔テレビで見た姿とはすっかり変わっていました
昨年9月末から今年の4月末にかけて大規模な耐震改修工事を行ったようです

バックネット裏の入り口
ナゴヤ球場
試合開始が12:30、開門がその一時間前の11:30
さらにその30分ほど前の11:00くらいで既にお客さんが並んでいます

並んでいる最中に係りのお兄ちゃんに普段どの位入るか聞いたら
平日は500人くらい、週末で1,000人くらいとのこと
この日はNPB公式サイトによると696人だそうです


ファーム日本チャンピオンペナント
入場するとすぐに昨年のファームペナントが
そういえば富山でやったファーム選手権で勝ってましたね、ドラゴンズ


バックネット裏から
ナゴヤ球場
ネット裏の青い席は新設、その先の赤い席(ハマスタでいうFA、FB指定あたり)は
昔のナゴヤ球場のままの席のようす
グランドでは広島の打撃練習中


その後シートノックで井端選手発見
井端弘和
長期離脱中だそうです


試合は
中日 佐藤充、広島 新人今村猛の両先発で開始

佐藤充

今村猛


先制は広島
2回表、先頭打者末永センター前安打
2死後、上村タイムリー
上村 適時打

3回表 迎のソロホームランで加点
迎

一方の中日は5回裏、松井佑介がソロホームラン
6回裏、中田亮二がセンターに同点ソロ



7回裏、2死から松井雅、吉田の連続安打、岩崎恭の四球で2死満塁
谷がライトにタイムリーで中日が2点勝ち越し


今村はここでノックアウト
代わった梅津が中田亮二の代わりにファーストに入った柳田を打ち取る

と、ここまでで次の予定のためにナゴヤ球場を去りました
その後8回表に広島が一挙6点を取り逆転勝利だったようです

この試合だけで言うと、広島野手は迎のHRはありましたが小粒な印象
中日は松井佑、中田の2本のホームランはなかなかの当り
平田もレフトへのファールでしたが、防球ネットを超えて場外に飛び出す
大ファールをかますなどパワー十分

丁度そのファールのときに内野のレフトよりの一番端にいたんですがびっくりしました
近くにいたおじさんたちとどこまで飛んだか大盛り上がりしました(笑)


普段はイースタンの試合しか見れないため
なかなか見ることが出来ない選手たちが見れて満足
それにやはりファームの試合はスタンドから選手との距離が近くてよいですね




にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 野球全般
ジャンル : スポーツ

10.09.11-12 中日vs横浜 in ナゴド

10.09.11 中日7-2横浜
10.09.12 中日5-2横浜

個人的に初ナゴドでしたが、2連敗でした
ざんねん


ナゴド
ナゴヤドーム
さすがに中日ファンだらけでした


横高OBが挨拶
横山、福田
横山スコアラーと中日福田


11日試合前の打撃練習



田中プロ初登板

B指定でネット際だったので見づらい…


12日 ハーパー2ベース


アチャ 2ランHR



マスコット対決

ホッシーたちが来てました
マスコット交流戦

勝てる気はしてませんでしたが
あっさり三連敗
これで3年連続90敗はほぼ間違いない状況でしょうかね…
史上初でしたっけ

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

'10年 お試し昇格第一弾 田中健二朗(8月度 月間MVP)

7日付けで三浦に代わり3年目の高校生ドラフト1位田中が一軍初昇格しました。
三浦は乱調で昇格即抹消、今期は若手に切り替えるとのこと。
Bクラスも確定し3年連続の最下位もほぼ確実視される状況…
いろいろ残念な状況ですが、期待の若手がこれから数多く見られる、と
前向きにとらえることにします…



お試し昇格の第一弾となった田中
由規、高濱と2度クジを外し、はずれのはずれ1位ですが
高3の選抜大会では優勝投手となっています
夏はベスト4とアマ実績からすると抜群ですが肩の怪我のための低評価

プロ入り後もなかなか2軍戦でも投げられない時期が続いていました
球速はMAX145ということでまずまずですが、見てのとおり線が細く
プロの体力がまだ付いていない印象
正直なところ今期一軍昇格は無いと見てましたが、7月以降の好成績が判断材料なのでしょう
8月はイースタンの月間MVPに選ばれています
本人も調子が良いときは2軍なら打たれない、と自信を持っている様子

今期成績
日付対戦チーム球場勝敗打者被安打失点被本塁打
15/7千葉ロッテベイスターズ球場2822ムニス
25/15東北楽天横須賀2911横川
35/22千葉ロッテロッテ浦和0/3747清田

5月合計防御率 20.250勝3敗
4 0/3247103
46/19北海道日本ハム横須賀31343
56/25東京ヤクルト戸田2820
6月合計防御率 5.401勝1敗521630
67/2埼玉西武横須賀1531岳野
77/8北海道日本ハム横須賀51720
87/27東京ヤクルト横須賀422751
7月合計防御率 1.800勝1敗1044126
98/3東北楽天平塚62664中川
108/14読売横須賀83070
118/22北海道日本ハム鎌ヶ谷72533尾崎
128/31東北楽天Kスタ宮城72751
8月合計防御率 1.293勝1敗281082182
合計防御率 3.454勝6敗4719746276



データが不完全ですが初登板は5月に入ってから
先発でようやく長いイニングを投げ出したのが7/8からで
以降は交互に良いときと悪いときがある様子

週末の中日戦で先発とのことですが、どういう結果が出るでしょうか?


にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

10.09.04 横浜9-4ヤクルト 内川満塁弾

勝:大家 6勝7敗0S
負:館山 8勝6敗0S

ヤ:館山(5回2/3)-松井光(1/3)-李恵踐(1回)-橋本(1回)
横:大家(6回)-弥太郎(1/3)-加藤(1/3)-江尻(1/3)-真田(1回)-山口(1回)
HR:畠山11号ソロ(ヤ) 内川9号満塁(横)


デーゲームの横須賀スタジアムの湘南vs読売戦
ものすごい日差しに加え、開始1時間半の時点でようやく3回終了…
そして14時開始なのに終了が18時…
疲れた…

その後、関内近辺での用事を済ませハマスタに
ホントは見に行く予定では無く、チケットも持ってなかったんですがどうせならと
到着した19時45分時点で1対1の同点
20時になれば8時だよチケットがあるのでチケット売り場付近で待機

今までこのチケットは利用したことなかったんですが、他にも利用者がいました
10人から20人の間くらいでしょうか?
みんなで時間まで喫煙所から見えるモニターに見入ってました

するとチャンスにハーパーのレフト前タイムリー
もうこれは買うしかないな、と

その後は知ってのとおりの打線爆発



この回2打席目の内川選手がレフトスタンドへ第9号の満塁ホームラン




第二ヒーローインタビュー 大家、武山

二人の掛け合いには笑わせてもらいました

武山「(マウンドで)ちゃんと投げてくださいよ、って言ってます」
大家「ちゃんとしてるんですけどね、してないらしいです」
武山「いや、首振って打たれるんで」
観客大爆笑

大家は祥万にもからかわれてたのでそういうキャラなんでしょうか?
なんだかイメージにないですがね(笑)





にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

10.09.05 湘南8-2読売

読 売 0 0 0 0 1 0 0 1 0 - 2 3 1
湘 南 1 0 0 1 4 1 0 1 X - 8 14 2

勝:桑原謙
負:笠原

読:笠原(4回0/3)-金刃(2回)-土本(2回)
湘:桑原謙(7回)-松山(1回)-牛田(1回)
HR:内藤ソロ(湘) 橋本ソロ(巨)


首位読売との2戦目
昨日の勝利で湘南は連勝を6つに延ばしました
この試合に勝てば2.5ゲーム差になるので是非とも勝ちたいところ
球場



tvk 佐藤亜樹アナ
tvk 佐藤亜樹アナ

今日はtvkが取材に来ていました
試合中もスコアボード向かって左側(レフト側)で撮影をしていました
パネルを見る感じ、筒香と大田の取材ですね
放送はもうやってしまったのでしょうか?



先発は湘南は桑原謙太郎、読売は笠原

湘南 桑原謙太郎
桑原謙太郎

読売の笠原投手は記憶になかったので調べてみたら
小さいころ大道の近所に住んでいたエピソードが見つかりました
これは聞いた覚えがあります


しかしこの笠原、まだマウンドさばきが今ひとつ
ランナーが出ると警戒のあまり投球が出来なくなってしまいます
牽制を2度3度と繰り返す
セットポジションからじっと動かないと思ったらセットを解く
5回には先頭梶谷を四球で出すと警戒のあまりか2球連続バッテリーエラー
3球目もワンバウンドなんてのもありました



ちょっと敵ながら心配になる内容
さすがにスタンドからもかなりの野次を貰ってました


一方の桑原は湘南2点リードの5回、橋本に左前適時打による一失点に抑え
7回 被安打2 奪三振4 の好投

その後は松山、牛田とつなぎ湘南の勝利
牛田は高目に浮く球が多く、制球が定まっていない様子
今シーズンは昇格があっても9月末ごろでしょうか
無理しても仕方が無いので昇格がなくてもやむなし

打線はこの日4安打の筒香、3安打の橋本を筆頭に14安打8得点と好調キープ

8回 レフトオーバーのエンタイトルツーベース


逆方向にも強い打球が打てています
打率もついに2割9分を突破
すごいの一言


湘南勝利





にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

10.09.04 湘南7-4読売 祥万オーバーハンド、筒香22号

勝:小杉
負:中里
S:牛田

読:福田(3回)-上野(3回1/3)-中里(0/3)-金刃(1回2/3)
湘:ランドルフ(2回1/3)-佐藤(2/3)-王溢正(0/3)-秦(3回)-木塚(2/3)-小杉(1回1/3)-牛田(1回)
HR:筒香ソロ(湘)

デーゲームでスカスタ、ナイトゲームはハマスタの親子ゲーム
本当は数年前にあったようにハマスタでの親子ダブルヘッダを
親子ゲームというべきなのでしょうが

またこの日はスタンプラリー最終日でもありましたが、
首位読売と4.5ゲーム差で迎えた直接対決第一弾という大切なゲーム

読売は6連勝中と好調、一方の湘南も8/28以来の5連勝中とこちらも負けじと好調


試合は湘南がランドルフ、読売が福田と一軍にいてもおかしくないような両先発

湘南 スティーブン・ランドルフ
ランドルフ

今期ベイでの活躍を期待していた投手の一人
残念ながらこの時期に2軍で投げている状態


初回先頭橋本が右中間を突破、快速を飛ばしていっきにサードへ
そして次打者の寺内がレフト前にあっさりタイムリー
その後大田四球、中井三振、田中四球と一死満塁
後続抑えて何とか一失点で抑えるも不安な立ち上がり

2回は2死から連続安打を許すもこの回は2三振と立ち直りの気配

そして3回、突如降板してしまいました
あまりの暑さに売店に飲み物を買いに行っていたところで
その時の様子が分からないのですが、違和感で降板とは…
このまま終わってしまうのか?


繋いだ投手は佐藤祥万


交流戦の西武ドームのブルペンで
サイドハンドになっているのを見てガッカリしていましたが、
この日はオーバーハンドになっていました

2010.06.02 西武3-2横浜


「ハマの大魔神」佐々木が祥万のサイド転向に反対意見を述べていたようでしたが
結局オーバーハンドに戻したようですね
ただこの日制球があまり定まっていない様子だったのが気がかり
サイド転向していたこと含め、相当苦労しているのでしょうか?


この日投手陣で良かったのは4番手の秦
3番手の王が一死も取れずに降板
最後は無死1,3塁で投手ゴロをあわてまくって
飛び出した三走も打者走者も刺せずに満塁に…

その後を受けた秦が無死満塁を無失点の好投
そのまま5,6回も投げ3回被安打0の快投
元ドラ1投手もずいぶんと瀬戸際になってきましたが
まだまだチャンスはあると思います


打者では2安打と決勝タイムリーの内藤
今シーズンは残念ながら一軍でのチャンスをつかめませんでしたが
諦めずにがんばって欲しい地元の選手





そして2冠王筒香嘉智 22号ソロ

圧巻の飛距離
7月以降の好調でついに2割8分も突破


結局この日は秦以降の投手が無失点、どころか無安打に押さえ快勝
一軍相手ではこのような試合にならないでしょうね、というくらいの完勝でした





にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

10.09.03 横浜2-3ヤクルト 阿斗里vs由規 同期対決

勝:由規 10勝7敗0S
負:阿斗里 0勝4敗0S
S:林昌勇 0勝2敗28S

ヤ:由規(8回2/3)-林昌勇(1/3)
横:阿斗里(6回)-江尻(1回)-寺原(1回)-福田(1回)

9回裏2死走者なし打者ハーパー、カウント2S1B
完全に完封を覚悟してましたが、ここから四球を挟み3連打でなんとか2得点

10.09.03 横浜スタジアム

仕事のためにハマスタ着が4回表
おまけにさっそく点を取られるわで嫌なスタート

試合が進み6回裏、
先頭打者が阿斗里も代打
その時「あれ?6回裏で9番って、2打席目?まさかノーヒットじゃないだろうな…」
焦って携帯サイトでチェックしたら内川がいきなりヒットを打ってたので一安心
しかしその後ノーヒットと知ってがっくり

由規はカモにしていたのに何かあったんですかね
・読売東野のように横浜だけクセを把握していたが修正された
・単に打線が落ち込んでいるだけ

どうなんでしょうか


先発の阿斗里は6回 被安打6 失点2で降板
自身最長イニングだったそうで
投手では本当に数少ない有望株なので育って欲しい選手です

それと26歳の新人福田投手
今日も1回を無失点で通算7試合を1失点
強く印象に残る投球スタイルでは無いのですが
好投が続いていますね


結果的には接戦でしたが内容は全く振るわず
9回がなければどうにも一方的でした
点の取られ方もまた悪い
2失点目はパスボールをきっかけにピンチが広がり失点
3失点目は寺原が打ち込まれる
寺原はシーレで失点していたのと同じような点の取られ方
相川、川端に初球の真っ直ぐ系をいきなり痛打
狙われてたんでしょうかね

相手のスクイズ失敗なんかもあって1失点で済みましたが
ちょっと頂けない内容でした

9回に意地を見せてなんとか形にはなりましたが
打線の状態も相当悪いようですね



これで4連敗で最下位もほぼ手中(笑)
月末の筒香、北のお試し昇格まで楽しみがほとんど無いのが残念


にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

ごった日記 記事検索

すべての記事を一覧表示する

プロフィール

bags

Author:bags
EOS KISS X2を買ったんでそれでとった写真を載せています

月別アーカイブ+カテゴリー
 
最近の記事
すべての記事を一覧表示する
twitter
YouTube
takanaitameのチャンネルです
Loading...
ウェブアルバム
EOS Kiss x2 で撮った写真です
選手ブログ
横浜ベイスターズの選手ブログリンクです
※リンク情報はスポーツナビのブログパークを使わせて頂いてます
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。