スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

09年退団選手3

2009年 横浜ベイスターズ退団選手3

退団選手 第3弾は

仁志選手と工藤投手
ふたりとも巨人から'07年に移籍

仁志は小田嶋正邦との交換トレード、
工藤はFA移籍した門倉健(現SKワイバーンズ)の人的補償


高校当時、早大でベンチ入りしていた野球部のOBが教育実習で来たときに
「常総出身の仁志は吐きながらも頑張ってダッシュやってるよ」
って聞かされて、あんな甲子園で活躍したレベルの人でさえ
大変な目にあう大学野球って・・・
とビビった記憶が


仁志敏久
2009/2/27 春季キャンプ(宜野湾)
仁志敏久
個人的にこの写真は気に入ってる。右はファーストを守る高森

2009/3/15 vsオリックスバファローズ(横浜・オープン戦)
仁志敏久
'09までの通算成績
14年 1537試合 1591安打 打率.268 154本 541打点 135盗塁 413四球 出塁率.317 長打率.396

常総-早大-日生-巨人('95D2位、'96-'06)-横浜('07-'09)


なんだか急激に衰えた印象
守備はまだやれたと思うけど、打撃の衰えが。
というか問題は二軍に降格した直後の発言なんだろうけどね。
あんなこと言ってちゃ首にもなるわな。

まだ高い能力はある選手だから何処か獲得することはないのかな?



工藤公康
2009/8/29 vs広島東洋(横浜)
工藤公康
'09までの通算成績
28年 472先発 116完投 12完封 224勝140敗3セーブ10ホールド 2852奪三振 3330 2/3投球回 防御率3.44 WHIP1.25

名古屋電気(現愛工大名電)-西武('81D6位、'82-94)-ダイエー('95-'99)-巨人('00-'06)-横浜('07-'09)

46歳でいまだ現役ってのは素直にすごい
自分が小学生の時からプロで活躍してたもんなぁ
86年の日本シリーズでライト線にサヨナラタイムリーヒットを打ったもんだから
「打撃もよい投手」としばらく勘違いしていました。
後年、セリーグの連続無安打記録みたいなの作って考え改めたけど。

今シーズン中継ぎになってワンポイントやら敗戦処理もやっていたが
常に前向きな発言をしていた。
自分の力量や立場を冷静に見極めたうえで行動や発言しているから
この年まで続けることができたのかもね。


最後は古巣西武に行くみたいな報道が出ていたけど、その形が一番いいのじゃないかな。
菊池の教育係ってことで。


2009/09/16 vs東京ヤクルト

外野スタンドバックスクリーン横からの映像
青木に2点タイムリーを打たれた高崎の後を受けて登板
ガイエル二飛、宮本捕邪飛に打ち取った場面





その他の今季退団選手




にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。
スポンサーサイト

テーマ : 横浜ベイスターズ
ジャンル : スポーツ

09年退団選手2

2009年 横浜ベイスターズ退団選手2

24日は長浦に行きたかったのに上野で21時まで仕事
かなしい。。。

まぁそれはさておき

まだ正式発表されていない?みたいだけど
今季退団する外国人編

開幕時点では
前ファイターズのライアン・グリン投手、前ブルージェイズのトム・マストニー投手、
インディアンスからレス・ウォーランド投手と野手では前レイズのダン・ジョンソン内野手
の投手3名野手1名の新外人4名体制でスタート

前年の断トツ最下位は投手陣崩壊によるものが大きかった。
特に外国人投手

 クローザーとして期待していたヒューズが使えず
(ヒューズには広島市民で痛い目見せられた。。。)
 小学生時代に日本で暮らしていたという左腕ウィリアムスはメジャー2球団の誘いを蹴って
横浜と契約したものの、130km/h程度のストレート。。。
 あとは5回までは抑えられるが以降は必ず失点していたウッド
と外人投手がまったく役にたたず。

今年は前年の反省を活かしてか、未知数外国人
ではなく楽天-日ハムで活躍し日本での実績があるグリンを獲得!
さらに左腕ウォーランドとマストニーの新外国人

コレハイケル!!


ライアン・グリン
2009/03/21 vs日ハム(横浜・オープン戦)
グリン

しかしこのグリン、期待してたんだけどさっぱり勝てずシーズン14敗。。。
無援護で勝てないかわいそうな投手、という評判で入団
そして横浜でも1試合平均2.5点とあまり援護率は良くない。
とはいえ得点しても直後にそれ以上失点することが多かった印象
あとランナーを出すとイライラしたり執拗に牽制をすることは聞いていたとおり

個人的には、今季はグリンの追っかけ?
ってくらいに見に行く試合、先発グリンが多かった。
ホント嫌になるくらい。
沖縄で横浜で神宮や所沢だけじゃなくて仙台。新潟なんか2日連続先発グリン(爆)
まぁこれはスタメン票を記入ミスした人がいけないんだけど。

そこで勝ってくれればいいものの負けまくるもんだからすごーく印象が悪い。
球団も期待してたんだろうけど。
自分も


レス・ウォーランド(左)
2009/8/30 vs広島東洋(横浜)
横浜ウォーランド、広島マクレーン、横浜ランドルフ

ウォーランドは190cmの長身左腕、との触れ込みで来日時も
「そんなに身長がないのでは?」
なんてちょっとしたさわぎに
実際小さいよねぇ。
とはいえ「身長が低いからダメ」
なんてこともないわけでシーズンに入って大活躍!

。。。してくれたらよかったんだけど、こちらもいまいちパッとしない成績で終了
現地で見たのは5/12読売(3-5)、8/26阪神(3-7)と2敗
5月の試合は7回3失点とまぁまぁだったが、8/26はひどかった
ブラゼルのバックスクリーンを皮切りに一挙9失点。
途中交代した高崎も大炎上!
打者一巡してブラゼルの1イニング2本目のホームランを右中間に打たれた時はまだ一死。。。
今季はひどい試合をなんども見た記憶があるがこの試合もトップファイブには入るかも。



トム・マストニー
2009/2/28 vs日本ハム(宜野湾・オープン戦)
トム・マストニー

横浜がインディアンスから保有権を買い取って入団したマストニー
終盤はもう投げるところを見るのも嫌だったが、シーズン当初はよかった記憶が。
調べてみると
4/15広島6回3失点2自責
4/30広島6回1/3無失点、
5/6巨人7回2失点
となかなか。ただし3試合で8死球は多すぎ。
そういや初めのころはデッドボール多かったなぁ・・・
5/13巨人5回3失点
5/19ロッテ5回1失点、このころから四球が増え出して
5/25の楽天戦以降5回もたずに降板が増え出す。

以降はセ球団に慣れられたのか
被安打、被本塁打がともに増加し、自責点も大幅に上昇
見に行っていた試合では来日初勝利の
7/11ヤクルト戦無四球も5回までに7安打1失点で109球で降板
8/29広島はグリンのあとを受け中継ぎ登板も4連打を食らい一死も取れずにノックアウト
そういえばそのあとの工藤も大噴火してたな。。。
シーズン序盤は勝ち運に恵まれずいい時期を逸してしまい、
中盤以降の体たらくくが目立ってしまったのかな。

ただ球団もあまり期待をしていなかったようで、田代代行も途中なんども厳しいことを言っていたな。



一方の野手
前年のビグビーは時折見せる長打に期待を持たせたものの
線が細く、怪我が多くてシーズン通しては無理があった。
一方どこでも守れる、との触れ込み出来たジェイジェイ
オープン戦初戦で「どこも守れない」ことを露呈していたのが記憶に。
その後はなぜかシーレックスのキャプテンに収まり帰国

今季の外人野手は08年の内川のブレイク、吉村の順調な成長からかジョンソン一人のみ。

ダン・ジョンソン
2009/03/15 vsオリックス(横浜・オープン戦)
ダン・ジョンソン
こちらを怪しげに見つめるジョンソン
露出オーバーの失敗写真だったんだけど、ジョンソンが思いっきりカメラ目線なんでいろいろ調整してみた。


ジョンソンはアメリカでの成績どおり、四球多めの長距離打者
OPSはもう抜群
さすが元アスレチックス所属の選手ですね。
ただいかんせんヒットが少なすぎる。。。
もうちょっと大事な場面で長打だけじゃなくて軽打で打点を挙げて欲しかった。
そしてなぜだか選球眼は抜群!な不思議な選手だった。
ツーナッシングからいつの間にかフルカウントにもっていくことが出来るあれ、
あれはやっぱし特技なんだろうか?
いつも不思議に思ってました。

そういえば沖縄キャンプ帰りにあるコーチがジョンソンのことを
「すぐに痛い痛いいってサボる」
とかグチってた。
そんなんで心配していたけど、シーズン開始するとそんなそぶりも見せずすばらしい活躍。
村田の怪我のあとには守ったこともないサードをやってくれて好印象
ファンも結構ついていた選手でだったなぁ。

成績的には「ガイエル劣化版」といった内容だったけど
打数あたりのHR数がセリーグトップクラス
なんて数字もあるみたいで、チームの不振で割をくった印象のある選手
ベイにはいない打撃スタイルや強打の左打者ということもあり再契約しても悪くは無い、
と一部で言われていることも理解は出来る。

ネックは守備、走塁、年俸と盛りだくさんすぎるけれど(笑)
控え野手に1億を超える年俸はきびしいもんね。


ということで終盤に獲得したランドルフ以外は今年もさようならとなりそうで寂しいものです。
チーム状況に左右されてしまった選手たちが多く、チーム状態がもうちょっと良ければ何人かは
もうちょい活躍出来たんでは?と思ったりもする。



さようならジョンソン
ダン・ジョンソン
宜野湾で至近距離のこの時にサインもらっとけばよかった
今更ながら大後悔
好きな選手だっただけに




2009年の退団選手たち


にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

09年退団選手

2009年 横浜ベイスターズ退団選手

今年もまた寂しい季節がやってきました。

10/1に球団から「戦力外通告のお知らせ」が発表

【投手】
27 山北 茂利
34 三橋 直樹
37 岡本 直也
99 横山 道哉
【内野手】
55 呉本 成徳
56 斉藤 秀光

98年の優勝当時の在籍メンバー「小魔神」横山が引退。
04年に野中選手との交換で日本ハムへトレード、
その年に4勝28セーブで最優秀救援投手に選ばれていました。
そして日ハム戦力外後の07年に復帰
中継ぎでそれなりに投げてくれてましたが引退するとのこと
肘の怪我がかなり悪かったのかな?

地元神奈川出身で横浜高校卒
高校時代は3年矢野英司(横浜-近鉄-楽天)、2年横山、1年丹波慎也
と超豪華な投手陣に加え、3年野手には
多村仁(横浜-ソフトバンク)、斉藤宜之(巨人-ヤクルト)そして紀田彰一(横浜-西武)
なんて逸材ぞろいの時期でした。よく覚えてます。
斉藤もヤクルト戦力外になってしまったので、来季現役は多村だけになってしまいそう。


斉藤秀、三橋も地元出身選手
斉藤は横浜商大高で93年の甲子園出場時の四番
当時バイト先に年下の商大OBがいて、野球部ではなかったけど
当時の監督さんに学生時代世話になったとかで、
わざわざ甲子園まで車で出かけてました。

オリックス-阪神-オリックス-楽天-ソフトバンクを経て横浜に
08年はオープン戦好調も早々に2軍降格
今年はシーレックスでもあまり見かけることもなく戦力外に


三橋は向上-関東学院-日産自動車-横浜とずっと神奈川一筋
スピードはなかったが07年は先発として活躍した時期も。
08年も期待してたんだけど、中継ぎで打ちこまれ
今年は1軍昇格できずそのまま退団


シーレックスキャプテンの呉本は04年から6年間で2軍でもなかなか目立てず、
1軍では通算27試合出場どまり。
07年イースタン打点王のころから徐々に頭角をあらわし、シーレの4番を打つことが増える。
ただ、横須賀で見ていても、スウィングのぎこちなさがあり
1軍で活躍出来るようには思えなかった。
今年5/3の横須賀でのヤクルト戦で1軍で今年ブレイクした高木啓充からHR2本
ハマると飛ばす打者ではあった。
今季村田の怪我で1軍昇格し代打でチャンスを貰うも、自身の肉離れにより活かせず。
結局1軍では0本塁打のまま退団。
自身のブログでトライアウトを受けることを表明→「久々です。」
強みの多い選手ではないので厳しいとは思うけどがんばれ。



横山道哉
2009/3/15 vsオリックス(横浜・オープン戦)
横山道哉


三橋直樹
2009/3/29 vs東北楽天(横須賀・イースタン・リーグ)
三橋直樹


山北茂利
2009/2/28 vs日本ハム(宜野湾・オープン戦)
山北茂利



岡本直也
2009/3/29 vs東北楽天(横須賀・イースタン・リーグ)
岡本直也


呉本成徳
2009/03/20 vs日ハム(横須賀・イースタン・リーグ)
呉本 成徳



斉藤秀光
2009/02/01 2軍キャンプ

トライアウトを受けるらしい
昨年の契約更改時はなんとなくあと一年で引退するかと思わせる発言をしていたけど
どうやら勘違いしていたみたい




↓その他の写真はこちらから


にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

09年観戦結果

09年観戦結果

ベイスターズ戦以外も含めると全42試合
横浜公式戦は25試合(うち2試合ノーゲーム)
このくらいの数は普通、という人は結構いるのかも知れませんが
自分として通常の3倍以上
普段は年間10試合くらいなんだけど、宜野湾も行ったことだし
今年はちょっとがんばって見に行ける試合はなるべく行こう!
ということでこの試合数に

でも意外とそんなに見にいけないもんだなぁと
仕事や用事やらで週末のハマスタなのに行けないことがなんどもあった。
あと、交流戦で福岡か札幌に行ってみたかったけど、今年は両方平日だった。
来年以降で行ってみたいな。


それと負けが込むと見に行くことがちょっとつらい
今週末は見に行くのやめよ、ということが確か2回くらいあったような
一年間追っかけるってもの大変だなとつくづく思う

応援団だけじゃなくて、毎試合のように見かける常連さんたちは
ホントよく続けられると感心
かれらはまた勝敗とは違ったところで楽しみを見つけているのかしら

自分は普段はこんなに見ないし、シーズン途中で何度か試合結果に
注目していない時期ってのがあったんですが、
今季はほぼずっと追いかけていたことが結構なストレスになるもんだなぁ
と思わされた
まぁ勝ってくれてさえいればなんともないんでしょうが


今季の結果は6勝17敗の.261でなんとチーム成績よりも悪い

ホーム  3勝12敗(ハマスタ2-11、エコスタ新潟1-1)
ビジター 3勝 5敗(神宮3-2、Kスタ宮城0-2、西武ドーム0-1)

やっぱひどいもんだ
神宮見に行ってなかったらもっと酷いことになってた

シーズン中は勝ち越してるシーレをときどき見に横須賀に行ってたんで
気付かなかったが、2カ月以上勝ち星から遠ざかってる時期がある
5/2~7/11

来年はどうなることか


横浜
 オープン戦  6試合  3勝3敗         勝率 .500
 公式戦    25試合 6勝17敗2ノーゲーム 勝率 .261
 -----------------------------
 02/28 ○横6-4日  宜野湾(沖縄) オープン戦開始
 03/01 ヤ4-3横●  浦添(沖縄)
 03/14 ●横4-9ソ   横浜
 03/15 ○横8-7オ  横浜
 03/21 ●横0-2日  横浜
 03/22 ○横3-1巨  横浜      鈴木尚典引退試合
 -----------------------------
 04/07 ●横1-5巨  横浜      ハマスタ開幕戦
 04/11 ●横0-3ヤ  横浜
 04/21  横 - 広   横浜      試合前中止
 04/26 ヤ2-6横○   神宮
 05/02 ○横6-1中  横浜
 05/04 ●横2-4中  横浜
 05/12 ●横3-5読  横浜
 05/23 横6-10西●  西武D     交流戦
 06/13 楽4-0横●  Kスタ宮城   交流戦
 06/14 楽9-0横●  Kスタ宮城   交流戦
 06/20 ●横7-11ソ  横浜      交流戦
 07/11 ヤ2-4横○  神宮
 07/12 ヤ1-2横○  神宮
 07/18 ●横0-7中  横浜
 07/19 ●横3-6中  横浜
 08/05 ○横8-3ヤ  横浜
 08/16 ●横4-6広  横浜
 08/26 ●横3-7神  横浜
 08/29 ●横3-11広 横浜
 08/30  横 - 広   横浜       3回表雨天中止
 09/05 ○横2-0中  エコスタ新潟
 09/06 ●横4-8中  エコスタ新潟
 09/16 ●横2-6ヤ  横浜
 09/27 ヤ3-1横●  神宮       神宮初負け
 10/07 ヤ5-4横●  神宮       ベイスターズ最終戦
湘南
 公式戦     6試合  4勝2敗         勝率 .667
 -----------------------------
 03/20 ○湘4-0日  横須賀      イースタン開幕
 03/29 ●湘5-6楽  横須賀
 05/03 ●湘2-5ヤ  横須賀
 06/07 ○湘6x-5日  横須賀
 08/09 ○湘6-0フ   長浦
 08/15 ○湘2x-1ヤ  横須賀
 -----------------------------
プロ野球
 04/19 ヤクルト1-0広島 神宮球場
 06/06 ヤクルト5-1楽天 神宮球場
 06/27 巨人1-6ヤクルト 東京ドーム
 -----------------------------
WBC
 03/09 日本0-1韓国 東京ドーム
 -----------------------------
マスターズリーグ
 01/02 東京-福岡 東京ドーム
 -----------------------------


ゲート


にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

09.10.07 ヤクルトvs横浜 ベイスターズ最終戦

2009/10/07 東京ヤクルトスワローズ 5-4 横浜ベイスターズ

2009年最後の試合
今年は宜野湾のオープン戦も見にいったので
区切りとして平日だけど神宮に

台風襲来が翌日に控えていたんで中止なんだろうな、
と思っていたら携帯にスタメン発表のメール
急いで神宮に向かい到着したのが3回表

ヤクルト球団も試合開催は難しいと思っていたのか
外野の入場口が一か所だけ開いており売店も半分くらい開いてなかった
まぁこんな日に試合見にくる人もいないわな



外野スタンド 台風上陸まえでガラガラなスタンド

この通りかなりすっきりとしたスタンドが

ただ、幸いあまり雨も強くならず、それほど気になることもなかった


横浜先発 藤江均
横浜先発藤江均


最終戦の先発は新人の藤江
イースタンでは好成績で勝利数、防御率、勝率の三冠
しかしベイスターズでは結果が出ず白星なし

3-0の5回裏 ユウイチに初ヒットを許してそこから2失点
6回裏にはガイエルに同点弾

その後7回から登板したのが松家
三者凡退に抑えるも
8回青木にヒットを許すと続くガイエルが勝ち越しツーランHR

9回表最後の攻撃
先頭村田はライト線に2ベースヒット
このとき一塁側の内野スタンドにお客さんがいないから
まったく反応がなく、レフトスタンドからみていたらファールかと勘違いするほど

その後はチャンステーマのメドレーの中、佐伯、吉村の内野ゴロの間に村田が生還も
石川の空振り三振でゲームセット

あっけなく試合終了



そして今季終了
ほとんど勝ち試合を拝めなかったな

3回までに7安打して今日は行けるか?
と思わせてくれたんだけど、以降は代打北川のヒットと
最終回の村田のツーベースのみ。。。
なんだか選手からやる気を感じられなかったのは気のせいかな?


工藤公康


最後に挨拶に来た工藤投手
来年もどこかで投げることが出来るのか?

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。
ごった日記 記事検索

すべての記事を一覧表示する

プロフィール

bags

Author:bags
EOS KISS X2を買ったんでそれでとった写真を載せています

月別アーカイブ+カテゴリー
 
最近の記事
すべての記事を一覧表示する
twitter
YouTube
takanaitameのチャンネルです
Loading...
ウェブアルバム
EOS Kiss x2 で撮った写真です
選手ブログ
横浜ベイスターズの選手ブログリンクです
※リンク情報はスポーツナビのブログパークを使わせて頂いてます
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。