スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

17.4.1 高知ファイティングドッグス対ソフトバンクホークス

高知城
もともと独立リーグも一度は見ないとね、と思っていたところにマニーラミレスの加入
これを機に初四国は高知に



高知市野球場
グランド通り駅から歩いて5分ほど
球場の売店はすこし貧弱なので、途中にあるコンビニで調達してもよいかも

高知市野球場

P1010596



ラミレスのポスター
マニー・ラミレス


野球場内
最大6千人収容とのこと
高知市野球場


ラミレスバーガー
ラミレスバーガー
1,000円なり


ラミレス登場
マニー・ラミレス

マニー・ラミレス

マニー・ラミレス

この日は1番DH
2打席目にレフト前ヒット
見た感じ体は絞れている感じだったけど、初打席が三振だったりNPBが興味持つレベルにあるかは不明

グランド整備
高知市野球場
選手自らやります
2軍とかどうだったっけ?


客入り
高知市野球場
ネット裏から三塁スタンド
結構入っています
2千人弱
聞いたところだと、藤川球児のときは3千人超えていたとか
でもスカスタでもそんなに入らないよね常には

抽選券
抽選券
試合中に何度か抽選していたけど、残念ながら外れ


試合終了
高知3x-2ソフトバンク

全体的に選手のレベルは2軍より下かなといった印象
まぁNPBの育成ドラフトで入ってくるレベルだからあたりまえか

球場で見ていてここがレベルの違いかな、とよく思うところが打者の打球方向
1軍は体の正面(右打者なら1塁側方向)にファールが飛ぶ
2軍は引っ張りのファールが多くなる
投手の球速などのレベルの違いかなと思う

それがこの日の独立リーグやソフトバンクの3軍の選手だと1軍と同じ方向だった
打者のレベルが低いのかな
カットしようとして出来ない選手もいたし
守備でも正面のエラーを胸に当てて弾くのを何度か見た

と批判的なことばかりになってしまったけど
選手は懸命にプレーしてるし、スタンドの応援の雰囲気もよかった
そういえばヤジとか全くなかったし
ここらあたりは極少数だけどNPBのヤジを飛ばすファンも見習った方がいいかも
熱烈に応援していてガッカリすることがあるのはとてもよく判るけどね


しかし翌日ラミレスがいきなり休みとか驚き
2試合目から休みとは




にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。
スポンサーサイト

テーマ : プロ野球
ジャンル : スポーツ

15.05.13 横浜6-3中日

勝 久保(3勝2敗0S) S 山﨑康(0勝1敗15S)
負 田島(3勝2敗0S)
本塁打
D 平田5号ソロ(1回)、大島2号ソロ(3回)
DB ロペス7号2ラン(4回)、石川1号2ラン(7回)


桜木町近辺での打ち合わせが早めに終わったので、あたりまえのよう横浜スタジアムへ
4/24の親子ゲーム以来久々

近年に無い調子のベイスターズ
先発久保が1回平田、3回大島とソロホームランを打たれ嫌な雰囲気になるものの、4回裏のロペスのバックスクリーンへの同点HRの時には
『ああ、今日も勝てるのかもしれない』
となんとなく感じた雰囲気

こんな風に試合を見たことはどのくらい前だったか・・・

観ていたのは平日の3塁側、にも関わらず周りにベイスターズファンが非常に多かった
中日ファンの感染者数が強かったころより減っているとはいえ、それに比例したかのようにベイスターズファンの客入りが実感としても増えているのも感じる
数年前なら平日なら1塁側のB指定ならゆったりと観れていたものでしたが・・・
いまや週末の当日券の入手は結構な時間ならばないとダメかもしれませんね

親会社が変ってからは動員が右肩あがりのようで、去年くらいから週末の客入りが相当増えていましたが、今年はそれをさらに上回っているのではないかな

たまたま隣に仕事終わりの待ち合わせボッチの方が座ったので少々話をしたんですが
その人も同じような印象を語っていました

その人は前回の優勝前からのファンでそのころから宜野湾キャンプにも出かけていたようなベテランファンさん
最近観戦数も減ってるようなことでしたが、平日わざわざ来るくらいだからその人にとってはといったところなんでしょうか

チームの状況がとても酷かったころ、といってもよかったころもないのでずっとかもしれないが
08年~10年ころの連敗をしまくっていた時期は年に2回くらいはスポーツを一切見ないようにしていた時期もあったもんですが、その人はそんなこともなく熱心に応援していたとか

今年もハマスタで何度か顔見知りではないベイファンの方と話をする機会がありましたが、ひとそれぞれいろんな楽しみ方や応援の仕方があるもんだなぁとそのたびに感じます
そういえばOP戦のときは大分から初めてハマスタに来たという若いファンの人などもいました

そんなところも現地観戦の楽しみのひとつと考えると、込み合うスタジアムもなかなか良いものかもしれない


今後のベイスターズはどうなるのか全く予想がつかなくなってきました
開幕するころに考えていたことは、もしこれまでより強くなったとしたら、いままであまり気にしていなかったミスが試合を左右することが増えるであろうと
そのことで今までとは違ったストレス、大敗ではなく僅差に勝ちきれない、が出てくるのでは?

なんて思っていましたが、いまのところそこを飛び越えた勢いでペナントを先行してしまっている

今後どんな展開になっていくのか、まずは大きな山の交流戦、その後に誰か主力の怪我で大連敗?
はたまたこのまま突き進む?
正直もう未知の領域なので想像付かない

15.05.13 横浜6-3中日

にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。

15.04.02 横浜3x-2広島

横浜スタジアム

本拠地開幕3連戦は苦しみながらも広島を3タテ
素晴らしい

とはいえ観戦した1戦目、3戦目ともに楽に勝たせてもらったわけではなく
どちらとも負けていてもおかしくないような競った試合
ミスも目立っていたし

もし今年順位が上がっていくなら、細かいミスが目立ってくるようになるんだろうなぁ
と思っていたが、3戦目はとくにそのような感じ

とはいえそれは悪い方向ではなくて、今までは投手を中心に一方的に負けた試合が多くて
とてもじゃないがちょっとしたミスなど目立つこともなく、どちらかといえば細かいミスが目立つようなチーム状態はベイスターズ的には成長の途中、過渡期といえると思う

他球団的にはあり得ないことかもしれないけれども、大敗にミスが隠されていたのがいままでのベイスターズ



この走塁も単純なミスというようなものではないのだけれど
2死1,2塁のフルカウントで自動スタートの場面
浅めに張っていたライトがドンピシャのナイス送球ともいえるけれど、ベイ的には走力があると見込まれている松本選手
捕手に真正面からぶちあたりにいって、ベースにまったく触れることも出来ずはじき返されてるって

球場で見ていて得点出来ずに残念、なんて気持ちは全くなく
狐につままれるとはこういうことをいうのかな?というくらいしばし呆然と

本人のコメントは全くしらないので、どういう状況なのかわかりませんが、
「自分にこのようなミスがありました」という状況ならまだ救われるが、もし「相手の送球と捕手のブロックが想像以上でした」というような状況なら、今まで一体何をしてきたのかと・・・


このケースだけじゃなく単にエラーしたとかチャンスに打てないとか投手が打ちこまれ失点した
というわけじゃない問題点
ただ、それが散見されるようになる状況、それ自体は問題じゃなくて(問題だけど)、成長しているということだと思う
昔のように一方的に負け続ける状況に戻らないことだけは願う

動かないシステムより動いているシステムの方が問題点は多く発見されるわけだしね

そこからがホントに長い時間が掛かるのではないかな


とはいえ懸念であった終盤の投手陣も国吉の1失点のみで堪えてくれましたし、カープの新戦力投手の継投で打撃陣も苦労していましたが最後に結果もだしてくれたし本当に良い試合でした





にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ  ←よろしければポチっと。
ごった日記 記事検索

すべての記事を一覧表示する

プロフィール

bags

Author:bags
EOS KISS X2を買ったんでそれでとった写真を載せています

月別アーカイブ+カテゴリー
 
最近の記事
すべての記事を一覧表示する
twitter
YouTube
takanaitameのチャンネルです
Loading...
ウェブアルバム
EOS Kiss x2 で撮った写真です
選手ブログ
横浜ベイスターズの選手ブログリンクです
※リンク情報はスポーツナビのブログパークを使わせて頂いてます
RSSフィード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。